【使用期限・捨て方】未開封のヘアカラー剤の処分方法。

整理収納

ヘアカラー剤を捨てたいけれど捨て方がわからず放置している
間違った捨て方をして住宅設備や環境に害がでないか心配

そんなお悩みに答えます。

記事の内容

  • 未開封のヘアカラーの使用期限
  • 開封後のヘアアラーの使用期限
  • ヘアカラーやブリーチの混合液の残りの廃棄方法

いまの家に引っ越してきて十数年、不要なものを処分し続けてきました。
その中で捨て方がわからずに放置し続けてきたもののの一つがヘアカラー剤。

今回、捨ててスッキリしたのでその処分方法をお伝えします。

未開封のヘアカラーの使用期限

未開封のヘアカラーの使用期限はどれくらいでしょうか?

メーカーのhoyuさんのHPによると

未開封であれば、製造後3年間は使用可能です。

3年だと長い気がしますが、使うことを決めてから購入するのがおすすめです。

開封後のヘアアラーの使用期限

1剤、2剤共にチューブタイプの商品は3カ月以内を目安にお使いください。ワンプッシュタイプなどのエアゾール商品、ヘアマニキュア、カラートリートメント、カラーリンスなどの商品は6ヶ月以内を目安にお使いください。
1剤がボトルタイプ (もしくは液状) の製品につきましては、開封により容器内に空気が入り込むために保存はできません。

残ったヘアカラーは取っておけるといっても早めに使い切るのがよさそうですね。

ヘアカラーやブリーチの混合液の残りの廃棄方法

必ず下水に流してください。

残った混合液は反応が進行して染毛効果がなくなるだけでなく、密閉容器で放置するとガスが発生して容器が破裂し、周りを汚す恐れがあります。使用後は、必ずすぐに下水処理場または浄化槽に行く下水に流してください。
また、流した混合液が洗面台等に残ると汚れにつながることもありますので、水で十分に洗い流してください。

え?!水に流して水質汚染とか大丈夫?と思ったのですがYAHOO!知恵袋などでもおおむねそんな回答でした。

袋に入れて燃えるゴミなどに出すと焼却にかなりのエネルギーが必要になること、混合液はガスが発生することから、水に流す方法が最善のようです。

今回は未開封の混合前の状態でしたが、念のため1剤、2剤を日を分けて排水口に流すことにしました。

まとめ

ずっと気になっていたヘアカラー剤を処分することができてすっきりしました。

本当は使い切るのがいいとは思いますが、使わない使えないと判断したらできるだけ早く手放したいですね。

もったいない。
捨てたいのに面倒。

そんな時は頭を使わずに手を動かしてみましょう!
手放すことで気持ちがすっきりしますよ。

タイトルとURLをコピーしました